在学生・保護者の方

在学生・保護者の方

在学生・保護者の方

悪天候や交通機関運休時の授業の取り扱い

警報発令、および交通機関運行停止については、テレビ・ラジオの速報に十分注意してください。また、大学への電話照会は行わないでください。

暴風警報または大雨警報発令時の授業の取り扱い

  1. 兵庫県阪神地域に暴風警報または宝塚市に暴風、大雨、洪水、大雪警報のいずれかが発令された場合
    • ① 午前7時までに警報が解除された場合は平常どおり授業を行います。
    • ② 午前7時現在、警報が発令中で午前8時30分までに解除された場合、第1時限は休講し、第2時限以降の授業は平常どおり行います。なお、この場合、第1時限からそれ以後の時限にわたる連続授業(例:Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ時限の実験、実習等)についても第2時限以降の授業は原則として平常どおり行います。
    • ③ 午前8時30分現在、警報が発令中で午前10時30分までに解除された場合、午前中は休講し、午後の授業は平常どおり行います。なお、この場合、午前の時限から午後の時限にわたる連続授業(例:Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ時限、Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ時限の実験、実習等)についても午後の授業は原則として平常どおり行います。
    • ④ 午前8時30分現在、警報が発令中で、午前10時30分時現在においても解除されない場合は全日休講とします。
    • ⑤ 第1時限の授業開始以降に警報発令が確認された場合は、その時の状況により大学が判断し、休講とすることがあります。
  2. 上記以外の地区に警報発令の場合は、原則として、平常どおり授業を行います。なお、警報発令の当該地区に居住する者にあっては『特別欠席届出制度』に従い、所定用紙により教務課に届け出てください。この届出のあった者については特別欠席の扱いとします。
  3. 上記以外の警報発令の場合は、原則として平常どおり授業を行います。
  4. 警報発令の有無にかかわらず、通学に支障を及ぼすと思われる状況が生じた場合、大学の判断により、休講とすることがあります。
暴風警報または各種警報
区分 授業の取り扱い
兵庫県阪神地域に暴風警報または宝塚市に暴風、大雨、洪水、大雪警報のいずれかが発令 午前7時までに警報解除 第1時限から平常どおり実施
午前7時現在
警報発令中
午前8時30分までに
警報解除
午前 
第1時限のみ休講
第2時限から平常どおり実施
午後(第3時限)から平常どおり実施
午前8時30分に
警報継続中
午前(第1・第2時限)は休講
午後(第3時限~第5時限)は午前10時30分の状況により決定
午前8時30分現在
警報発令中
午前10時30分までに
警報解除
午前(第1・第2時限)は休講
午後(第3時限~第5時限)は平常どおり実施
午前10時30分に
警報継続中
全日休講

※上記規定は平成29年4月1日以降適用されます。

交通機関運行停止時の授業の取り扱い

  1. 阪急電鉄の全線がストライキまたは事故による運行停止の場合
    • ① 午前7時までに開通した場合は、平常通り授業を行います。
    • ② 午前7時現在、運行停止で午前10時までに開通した場合、午前中は休講し、午後の授業は平常通り行います。なお、この場合、午前の時限から午後の時限にわたる連続授業(例/1・2・3時限や2・3・4時限の実験、実習など)についても午後の授業は原則として平常通り行います。
    • ③ 午前7時現在、運行停止で、かつ、午前10時現在においても開通しない場合は全日休講とします。
  2. 上記以外の交通機関が運行停止の場合は、原則として平常通り授業を行います。なお、通常の通学経路における交通機関が運行停止で、代替交通機関を用いても通学できない場合は『特別欠席届出制度』に従い、所定用紙により教務課に届け出てください。この届出のあった者については特別欠席の扱いとします。
交通機関のストライキまたは事故による運行停止の場合
(阪急電鉄(全線)運行停止の場合)
開通時刻 授業の取り扱い
午前7時までに開通 1時限から平常通り実施
午前7時現在
運行停止中
午前10時までに
開通
午前(1時限・2時限)は休講、
午後(3時限)から平常通り実施
午前10時現在
運行停止中
全日休講

試験時における取り扱い

  1. 定期試験、および追・再試験における『暴風警報または大雨警報発令』および『交通機関運行停止』時の取り扱いについては上記に準じます。
  2. 中止された試験については順延はせず、別途日程を設け、実施します。なお、この時間割については追って、掲示により通知します。

特別欠席届出制度

  1. 次の事項に該当し、授業を欠席するときは、所定用紙により教務課へ届け出れば、特別欠席扱いとし欠席とするが、補講等の対象とします。
    • ① 忌引
      父母、配偶者、子供
      7日
      祖父母、兄弟姉妹
      3日
      配偶者の父母
      3日
      曽祖父母、伯・叔父母、甥、姪
      1日
      配偶者の祖父母、兄弟姉妹
      1日
      ただし、遠隔地または特別な事由があるときは、必要な日数を加えることができます。
    • ② 学校保健安全法に該当する疾病で、出席停止の期間 ※診断書が必要です。
    • ③ 交通途絶(阪急電鉄のストライキおよび事故による全線停止を除く)の場合 ※証明書が必要です。
    • ④ 兵庫県阪神地域以外に暴風警報または宝塚市以外の地域に各種警報が発令され、通学困難の場合(当該地区に居住する者)
    • ⑤ その他教授会において認めた場合
  2. 次の場合は、「準特別欠席」扱いとし、特別欠席と同様に補講等の対象とするか否かは、授業担当教員の裁量に委ねます。
    • ① 就職のために企業その他を訪問し、欠席する場合。その場合、所定用紙により当該企業等の証明書をつけてキャリアサポートセンターへ期限内に届け出る所定の手続きをすること。
    • ② 臨地実習、教育実習、インターンシップのそれぞれの期間 (各学部教務委員会等、該当委員会より担当教員に連絡があるので、届出は不要です。)
    • ③ 次の大会に出場し、欠席する場合
      1. 国民体育大会
      2. 地区予選を経て出場する全国大会
      3. 上記1)、2)以上の大会
      4. 文化部は、上記に準じます。
  3. 定期試験、またはこれに準ずる試験において上記2.② または2.③ の理由により欠席し、所定の手続を完了した場合は、特別欠席扱いとします。