学部・学科

心理学部_現代応用心理学科

現代応用心理学科

みなさんがもつ「こころ」への関心に、
スタッフ全員でお応えします。

心理学部 現代応用心理学科とは

心理学を実生活に応用し、
困りごとを和らげ、
生活の質を高めることをめざす

現代応用心理学科では、主に実験や調査によって得られた知見を、実生活に活かしていくことに力を入れています。困った社会現象、人間関係、生きていく上での悩みなど、困りごとをよい方向に運ぶだけではなく、より健康な生活、スポーツのより高いパフォーマンスをめざす際にも、心理学は役立ちます。実務経験の豊富な教員がお手伝いします。

「こころ」の視点からの問題解決と、より質の高い生活をめざして。

「ビジネス心理学」を加えた新・5領域

公認心理師受験資格に対応したカリキュラム

これまでの3 領域制を再編成して、基礎心理学、臨床心理学、健康・スポーツ心理学、犯罪心理学、ビジネス心理学の5 領域としました。より多くのテーマの中から、個々の関心に応じて選ぶことができるようになりました。

新・5領域

学びの特徴

  • point1
  • 心理学のものの見方を身に付ける
    人がある行動をする時に「どんな要因がそれに関わっているのか」という視点から、すぐに結論を出さずに粘り強く考える力を身に付けます。
  • point2
  • データに基づいた議論や検討ができるようになる
    人の行動について、実験・調査・観察・面接などの方法でデータを収集し、根拠を示しながらの議論や検討をする訓練をします。
  • point3
  • 対人援助のための知識を学ぶ
    カウンセリングなどの対人援助について、その基本的な知識と技術を学びます。公認心理師や臨床心理士の資格に関連します。