大学案内

大学案内_理事長・学院長&学長メッセージ

理事長・学院長&学長メッセージ

「食」と「こころ」を究め、
社会に活力を与える人間の育成を

甲子園大学は、健康増進及び食の諸問題に寄与することを目的として1967( 昭和42 )年4月に栄養学部を開学し、管理栄養士養成課程を設けました。その後、2011( 平成23 )年に「こころ」の視点から現代社会の諸問題や人間生活のあり方を解明、寄与することを目的として心理学部を開設し、現在は2学部3学科及び大学院に2研究科を擁する大学として社会のニーズに応えています。

本学は学校法人甲子園学院の校訓三綱領「黽勉努力」「和衷協同」「至誠一貫」を建学の精神として人間形成を行い、専門的な知識と技能を学ぶ最高学府を目指して発展してきました。少子高齢化・高度情報化・グローバル化が進行し、変動の激しい社会の中で、学生のみなさんは逞しく生きていく力を身に付けなくてはなりません。その目的を達成するため、本学では人間教育の原点に立ち、積極的で協働志向の高い人間の育成に向け努力を傾注しています。本学から地域社会に、そして世界に向け有為な人材が数多く巣立たれることを願っています。

甲子園学院理事長・学院長久米 知子


人の命を大切にする人材を育てる
甲子園大学

甲子園大学学長 中村 秀雄

甲子園大学は建学の精神に立って50有余年の間、栄養学教育を行ってきました。その目指すところは、健康な人、そして不幸にして健康を損なった人に、栄養指導ができる人材を育てること、また新しい「食」を創造する人材をうみ出すことです。心理学部は現代人が心に抱える問題を理解し、それを解きほぐすことのできる人材を世に送り出しています。公認心理師の育成にも力を注いでいます。

2つの学部は、切り口こそ違え、人々のより幸せな生活のために働く卒業生を送り出すことを、その使命と捉えています。一口で言えば、「人の命を大切にする人材を育てる」ことが、甲子園大学の学生、そして社会に対する約束なのです。

甲子園大学学長中村 秀雄